その症状和らぐかも?健康を意識した生活改善

冷え性に真剣に取り組む

なぜ冬の時期はこれほど寒く感じるのだろうと不思議に思うことがあるかもしれません。
周囲の人はそれほど寒く思っていないような時にも、自分一人だけがブルブルと寒さに怯えているようなことがあるかもしれません。
そんな時は、冷え性という症状と真剣に取り組むべき時なのかもしれません。
冷え性といってもさまざまなタイプがあります。
冷える箇所もさまざまです。
ある人は脚の指先が真っ赤になったりして、冬の間は暖かいブーツを履いて外を歩かなければ耐えられないくらいの状況になっているかもしれません。
また、手のしもやけがひどいという人もおられます。
そして、腰が冷えるという人は、腰が冷えることからくる腰痛に悩まされることもあるかもしれません。
こういった冷え性の症状というのは、本人しか分からないような辛い部分があることでしょう。
冬になるといつも貼るカイロを腰とお腹の部分にあてているという人もおられます。
どの部分を暖めればつらい症状を緩和できるのかということを、理解するようにしましょう。
また、一つの部屋にストーブが設置されているような時には、暑がりの人にはストーブから離れたところに座ってもらって、冷え性の人はストーブの近くに座るというように工夫することもできるでしょう。
家族の中にも、冷え性の人もいれば、それほど寒さには弱くない人もいるかもしれません。
家族で食事をする時にも、暖かい場所とそうでない場所がある場合には、寒がりの人を優先的に暖かい場所に座らせてあげるというように気遣いを示すようにしましょう。
冷え性の人は、下半身を冷やさないように、座っている時にはひざ掛けなどを常備しておくと良いでしょう。
また、冷え性だという自覚がある場合には、以下の食物をあまり大量に食べないように注意すると良いかもしれません。
つまり、なすやトマトといった野菜です。
なすが好きだという場合には、なすの生姜焼きというように、体を暖める食品と一緒になすを食べるというような工夫をしてみましょう。
また、柿やバナナ、そしてオレンジといった果物も、体を冷やす要素となってしまいますので、注意が必要です。
バナナはシナモンをふってオーブンで温めるといった工夫で、おいしくまた冷え性を悪化させないようにしながら楽しむことができるでしょう。
オレンジにしても、ぶどう酒と砂糖と一緒に煮ることによって、それほど体を冷やしたりせずにオレンジの風味を壊さないで楽しめます。
Copyright (C)2017その症状和らぐかも?健康を意識した生活改善.All rights reserved.